お急ぎの方は0120-644-996までお電話下さい

直葬コラム

2020年1月28日(火) 更新

お葬式の見積りついて

葬儀の内容は、故人や遺族によって異なります。
祭壇、人数、お料理、返礼品、どれも同じ葬儀はとても少ないのです。
そのため、葬儀にかかる費用もご要望をお伺いした上でないと
正確な費用を提示することができません。
そこでお見積りが必要となります。

見積りをする際にまず気を付けていただきたいのは、葬儀全ての価格(合計額)です。
「セット価格」や「プラン価格」等の見せ方をしているところが多数あります。
基本のセットには主に、祭壇や棺、骨壺や人件費等が含まれていますが、
“火葬料”や”人数に応じて変動するお料理や飲み物”、”返礼品”等が計算に入っていないケースがありますので必ず確認しましょう。
また、僧侶の御布施費用も入っているかを確認する必要があります。

都心の火葬場の火葬料は最低59,000円かかります。
そして火葬料とは別に、休憩室や式場費もかかります。

考えなければならない費用は、
【基本セット料金】
【火葬料】
【休憩室料や式場料】
【人数分のお料理・飲み物・返礼品等の費用】
【お布施】
以上の費用を考慮し、全体の予算を把握しながら御見積もりを取られると良いでしょう。

直葬プランと費用

格安プラン

安価に抑えた直葬プラン

火葬に特価した当社だから出来る、
可能な限り安価に抑えたプラン

公営斎場利用
総額 170,000円(税別)

> 安価に抑えた直葬プランの詳細はこちら

代理火葬プラン

代理火葬プラン

ご火葬のお立会いが困難な方や、昨今の新型コロナウィルスが心配な方へ

公営斎場利用
総額 140,000円(税別)

> 代理火葬プラン詳細はこちら

自宅葬プラン

自宅葬プラン

故人が住みなれた家でゆっくりお別れができる自宅葬プランです。

公営斎場利用
総額 300,000円(税別)

> 自宅葬プラン詳細はこちら

まずは悩まずご相談くださいお電話はこちら